当サイト使用テーマ:「SWELL」を見てみる >>

会社で評価されない人のための意識改革!評価獲得の心得3選

この記事はこんなあなたにおすすめ

・頑張っているのに評価されない

・言われたことをやっているのに注意される

・新人に対して優しくないと感じている方

この記事を読んでいるということはあなたは仕事に対して真面目で頑張り屋さんなのではないでしょうか?

頑張っているのに「評価されない」「ちゃんとしているのに注意される」などの悩みがあるのだと思います。

社会人なりたての私はまさにそんな状態で自分を不幸だと思い、「こんな会社辞めてやる!!!」って毎日感じていました。

しかし、それはサラリーマンが何を求められていて、先輩たちがなぜ助けてくれないのかを理解できていないからだと気付きました。

・同期はライバル
・アウトプットが求められる
・納期遵守は当たり前

上記を踏まえて私の経験からどういうことなのか共有していきます。

特に、大企業に就職した方は注意しておいた方がいいので最後までご覧ください。

では、確認してみましょう!

目次

評価されるにはまずコレを意識しろ!

社会人になったばかりだと右も左も分からないって事ばかりですよね。
「新人だから優しくして貰えるでしょ」
「先輩の言うことちゃんと聞いていれば大丈夫」
と思っていませんか?

実際はそんなことないことの方が多いんじゃないかと思います。
私が新入社員で入社した際は、そんな優しく無かったし放置も当たり前でした。
先輩たちはみんな血眼になって業務しており、とてもじゃないけど話しかけにくい。。。

そんな環境にぶち込まれたら誰でも病みそうになりますよね。
ただ心配しないで下さい。
以下を意識することで、”仕事への向き合い方”に変化があると思います!

まずは以下の項目を頭に叩き込んでください!

評価を獲得するための心得3選
1)同期はみんなライバル
2)基本的に結果が求められる
3)納期遵守は評価に繋がらない

なかなか厳しい事かましてますよね。
ただ現実はそんなもんなので受け入れて、対策方法を考えていきましょう!

仲良し子良しは成り立たない

同期というのはほんと大切です。
出来れば仲良くして友好的な関係を築いた方がいいです!

え?見出しと言ってること違うじゃん!

ってなりますよね(笑)
ただ私が言っているのは、配属先”が一緒な同期の場合です。

社会人になると査定というのが付けられます。
学生時代で言う成績表みたいなもんですね。
これによって「給料」や「出世速度」が変わってきます。
つまり、配属先が同じ同期というのは、その時点で競争相手となります。

競争相手がいるのは共に切磋琢磨して成長出来るからいいことなんですが、
”それ”に気付いていないと痛い目を見ることになりますね。

同期に聞いたら色々教えてくれるから助かる!って思っていませんか?
しかし、それは自分の評価を相手に渡しているだけなので気を付けましょう。

ただ一般的には「配属先」というのは自分で選ぶことが出来ません。
私の場合、エリート集団の集まりに配属されました。
工場勤務なのに装置開発を行っている部署で異彩を放っているのが新人の私でも分かったくらいです(笑)
学生時代遊んでしかいなかった私がうまくやっていける訳もなく、周りと比べられマイナス査定の連続でした。。。
今では努力で挽回してきましたが、取り返すのに3年間程度かかってしまいました。。。

私のように無駄な時間を過ごさないように周りに優秀な同期がいたとしても頼るのは最小限にしましょう!
その同期は自分が競い合う”ライバル”ということを忘れずに負けないように頑張りましょう!
最初負けていたとしてもそれ以上に努力して抜いてしまえばいいんです。

アウトプットを出さなければ評価されない

新人にそんな事求めるなよ!って思うかもしれませんが、これあなたについてじゃないです。
先輩社員が色々教えてくれないという理由が「結果を出さないといけない」からなんです。

社会人になればわかりますが、時間の経過が恐ろしく速い。。。

評価されるためにはその限られた時間でアウトプットを出し、会社に貢献しければならないんです。
その貴重な時間を使って、あなたに手取り足取り教えたりすると思いますか?
流石に結構難しいんです。
また、自分からわざわざ新人に声をかけてまで、様子を伺うことはしないと思います。
聞いてこないということは黙々と着手できている証拠で問題がないからだと認識します。
「なんか聞き辛いから」「忙しそうだから声をかけれない」は絶対にやめましょう。

自分の仕事には後ろであなたの仕事を待っている人がいます
よく「仕事は線で繋がっている」ってやつですね!
先輩が声をかけてくれるまで待つというのは、他の人にも大きな迷惑が掛かってると意識してみましょう。
自分自身のアウトプットを出すためにも、わからないことは「わからない」と意思表示することが大切です。

ちゃんと聞いたら先輩も優しく教えてくれませんか?
受け身になっているから誰も教えてくれないんです。
誰しも最初はわからないことだらけです。
わからないことは恥ずかしいことじゃありません。
逆に自分勝手に解釈して誤った手順、ものを作ってしまうことの方が恥ずかしいことです。
ただ「一度聞いたことはもう聞かない」という工夫はしていきましょうね。
聞きまくり過ぎると流石に嫌われますよ(笑)

上手く先輩や同僚の心を掴んで聞き出すという手もあります!
人間関係を正しく築くことが出来れば社会人生活が”イージー”になっていきます。
そのヒントを纏めてみたのでこちらも確認してみて下さい!

https://kabukabuchallenge.com/hr

納期を守ることはアピールにならない

言われたことを納期通りにこなしているのに何で評価されないの?
と思う方はおられないですか?

その答えは簡単で、それは当たり前だからです

上司がどんな人材に良い評価を付けるかというと、自分にとって役に立つ人です。
もっとかみ砕いていうと、言ったこと以上の成果を出してやる気に満ち溢れている人となります。
そう聞いて、言われたことを納期通りにするってどうですか?
よくて普通ですよね?(笑)

評価されないなと思っている方は、自分を客観的に見てみたらいかがでしょうか。
隣の同僚より頑張っている、成果を出していると言えますか?
なかなか自信を持って言える人は少ないと思います。
私は環境が育ててくれたので今では自信をもって成果を出していると言えるようになりました。
とりあえずひたすら努力して自分を磨き上げることが大切です。
まずは自分の強みをしっかりと把握し、それを伸ばしていくと結果につながると思います。

とはいっても、頑張っているのに上手くいかない状態が発生するとストレスが溜まっていきます。
特に上司などの対人関係に対しては切っても切り離せないですよね。
しかし、考え方次第では悩みが一切なくなります。
そのヒントを纏めてみたのでこちらも確認してみて下さい!
是非ストレスフリーを目指して生活していきましょう。
https://kabukabuchallenge.com/stressfree

まとめ

今回は社会人で仕事が上手くいっていない人に向けて記事をまとめてみました。
私も落ちこぼれ出身なのであなたの気持ちがよくわかります。
ただ私は努力をして経験を積み、上司のためになることを懸命にこなしてきました。
媚びるわけではなく、ただがむしゃらに業務をこなしていきました。
すると今までマイナス査定だった評価がプラスに向き始め、今ではプラス査定の常連となっています。
昨年昇給することができ、もう少しでリーダーを任されるというところまで行っています。
これは、諦めず懸命に自分のスキルを上げていき出来ることを増やしていった結果だと思います。

皆さんも努力することを忘れず、上を目指していきましょう!!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる