当サイト使用テーマ:「SWELL」を見てみる >>

C-HR Gグレード(ハイブリッド)の燃費やオシャレさを徹底解説!良い点・悪い点は?

こんなあなたに読んでほしい!

C-HRに乗りたいと思っている方
CH-Rのリアルな評価が気になる方

トヨタのC-HRが気になっているけど実際どうなんだろ?

SUVって高くない?燃費はどうなの?

今回はそこら辺の疑問についてC-HRユーザー歴4年の私が包み隠さず報告したいと思います。

HIBIKI

C-HRってよく走ってるよね!

MAI

確かに人気の車だよね!

デザインもいいしクーペのような形が男の人が憧れるんだろうなー

男なら誰しもクーペデザインの容姿に憧れがあります。

それはクーペと言えばスポーツカーを彷彿とさせるため「一度は乗ってみたい!」ってなるというわけです。

しかし、クーペの車となると実用性が落ちて独身貴族しか乗ることが出来ません。
※基本2人乗りなので人も荷物も乗せれないんです。。。

そんな問題点を解決した車がTOYOTAから登場して一世を風靡しました!

それは、C-HRという車で爆発的な人気で街中満ち溢れこのような奇跡的な写真を撮れたこともあります!(笑)

なぜここまで人気なのか理由を探ってみましょう!

実際に乗ってみるとその理由がなんとなくわかったので4年間乗った私が解説していきます。

主な理由としては、デザイン性に特化してるのにも関わらず、実用性も兼ね備えていることが挙げられます。

それでは、才色兼備なこの車がどのように優れているかみていきましょう!

また、悪いところも同時に共有していくので迷っている方は参考にしてみて下さい。

目次

C-HR Gグレードの燃費事情

車を選ぶ際に重要ポイントとなる燃費ですが、C-HRはめちゃくちゃいいんです!

カタログ値でハイブリッド2WD車が29.0~30.4km/Lとなります。

実測値だとそこには届かず約22~24km/L程度でした。

「え?低い」って思ったあなた!実は逆なんです。

一般的に燃費はカタログ値より3割程度低いと言われています。

それを証拠とするのはガソリンを満タンに入れた時の走行距離ではないでしょうか?

なんと驚異の約900㎞走行が出来ちゃうんです!

これらの値を見るとC-HRは優秀と言えませんか?

標準仕様で最高のオシャレを兼ね備えている

C-HRは個性的なデザインで大人気になったのですが、Gグレードではオプション無しで大丈夫です。

何が大丈夫なのかというと、以下装備が標準で搭載されているんです!!

C-HRのオシャレな標準仕様

■タイヤ(ホイール)

■ロゴライト

それではどんな風におしゃれなのか解説していきましょう!

C-HRのホイールは標準仕様でハイクオリティ

Gグレードともなると標準仕様で写真のようなオシャレなホイールがついてきます。

普通に買うと4本で30万くらいもするらしいです。
※値引きなしの見積もりが30万と言われました。。。

調べたらもっと安いので相当ぼったくられそうになっていた可能性がありますね(

ホイールがカッコいだけでだいぶ車の見た目が変わります。

遠目で見るとなんだかカッコよくないですか?

ロゴライトでちょっとオシャレな演出が可能

次の機能を初めて見たときは自慢したくて仕方なかった機能になります。

まずは実際に見てください!

地面に浮かび上がる「C-HRのロゴ」!

オシャレすぎませんか?

このロゴは車の鍵を開けるタイミングで浮き上がります。

つまり車でデートする際にドアノブに手をかけただけでプチサプライズをかますことが出来るんです!笑

この機能を初めて見たときは衝撃を受けましたね!

この機能が標準機能でついているなんて人気車という意味が分かりますよね!

モテたい男は一度乗ってみるのをおすすめします。

C-HRの悪いところ

燃費とオシャレな面を紹介しましたが、逆に「ここはちょっと…」っていう点もあります。

今回は以下2点について共有したいと思います。

C-HRの残念な所

■車内が狭い

■タイヤサイズが大きい

それでは一つずつ解説していきます。

コンパクトSUVなだけあってとりあえず狭い

C-HRはコンパクトSUVという位置付けの車なだけあって車内は狭めです。

車内の広さより外観を追及した結果だと思います。

どのくらい狭いかと言うと、トランクはこのくらいの広さでゴルフバックが超ギリギリ入る程度です。

とりあえず一個だけならゴルフバックは入るので安心してください。

後部座席も狭めで少し前の席の座席を後ろにしたら窮屈に感じると思います。

家庭用の車として使用するには少しばかり狭いと思うかもしれませんね。

C-HRのタイヤサイズは18インチと大きい

タイヤは大きい方がカッコイイんですがそれ以上にコスト面で影響が出てきます。

タイヤは4~5年くらいで交換のタイミングがやってきます。

長く乗る人にとっては1~2回交換することになると思います。

その交換の際にインチサイズが大きいとタイヤの値段がめっちゃ高くなります。

タイヤのインチサイズは小さい方がお財布には優しいのです!

スタッドレスタイヤもインチ数が大きいと価格はめっちゃ高いです。

C-HRはインチダウンして15インチが使用できるのでそちらで対応すれば安く済むかもしれませんね!!

まとめ

今回はC-HRを実際に乗ってみて思ったことをまとめてみました。

4年くらいで60,000㎞以上走行しているので結構なヘビーC-HRユーザーだと自負しています。

そんな私が気に入っている点や逆にここはちょっとという点を簡単におさらいしてみましょう!

C-HRの優れている点

①燃費

②標準仕様でオシャレな装飾がされている

Gグレードはハイブリッドなので燃費は相当いいです。

一回の給油で表示上は約900㎞走行することが出来ます。

これは東京から広島まで給油なしで移動できるほどです。

タンクは43リットルなので特別多いわけじゃないのにそんなに走れるのは燃費がいい証拠ですよね。

次に標準仕様の装飾がとても優れており、タイヤやロゴライトこれらもオプション無しで搭載しています。

元が高いってのはありますが、最初から完全装備なのは嬉しいですよね。

C-HR の残念な点

①車内が狭い

②タイヤサイズが大きい

C-HRはコンパクトSUVという位置付けなので車内は狭めです。

トランクも他の普通車にしては狭めでゴルフバックがぎりぎりひとつ載せれる程度です。

タイヤサイズは18インチと大きめでカッコイイです!

でもそれ以上にコストがかかるのが難点です。

特にスタッドレスが必要な方は18インチをつけようとすると結構高いです。

インチダウンの出来るので18インチのこだわりがない場合はそちらも検討してください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

HIBIKI

ブログ村やってるよー

「よかった!」「為になった!」って人はクリックしてね!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる